メンタルケア心理士資格の魅力

↓↓↓メンタルケア心理士の資格が取れるヒューマンアカデミーの通信講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑

メンタルケア心理士の資格には3つの魅力がある

 

民間の心理系の資格の中にはいろいろなものがありますが、その中でも存在感を放っているのがメンタルケア心理士の資格です。知名度もどんどんアップしていますし、メンタルケア心理士の資格取得を目指す方も多くなっています。というのも、メンタルケア心理士の資格にはそれだけの魅力があるのです。

 

メンタルケア心理士の資格には、大きくわけて3つの魅力があります。このメンタルケア心理士の魅力というのは、メンタルケア心理士ならではの特徴でもあります。これがあるからこそ、どんどん知名度もアップしていますし、民間の心理系の資格として注目されるようになっているのです。

 

メンタルケア心理士の資格における魅力というのは、ひとつがトリプル認定を受けているということ、もうひとつが資格を取得することによって自分の可能性を広げてくれること、そして最後のひとつが資格として将来性があるということです。どれも他の民間の心理系資格にはないものばかりです。もちろん、細かく見ていけばメンタルケア心理士の資格には他にもたくさんの魅力があるでしょう。しかしながら、この3つの魅力というのがメンタルケア心理士の資格の強みでもあるのです。特に、将来性に関してはこれから心理系の仕事に就きたいと考えている方にとっては、本当にありがたい魅力といえるのではないでしょうか。

 

メンタルケア心理士はトリプル認定の資格

 

メンタルケア心理士を含めて、今現在、心理系の資格というのは本当に数多く存在するものです。ようやく心理系の資格の中にも国家資格ができるということで話題にもなっていますが、これまで心理系の資格というのはそのすべてが民間資格でした。国家資格がなく、民間資格しかないからこそ心理系の資格が氾濫していたのかもしれません。心理系の資格の中でも最高峰であり最難関といわれていたのが臨床心理士なのですが、この臨床心理士でさえも民間資格なのです。

 

心理系の民間資格の中には、正直なところ、得体の知れないようなものも存在します。本当に小さな団体、それもろくに実績のないような団体が認定資格もあります。本当に名前だけの資格で、活かそうと思っても活かせないままになってしまうことも少なくありません。せっかく資格を取得したのに、その資格を活かせないのであればお金と時間をかけて資格を取得した意味がありません。

 

こういった玉石混交の状態の中で大事になってくるのが「どこから認定を受けているのか」ということです。実績のある団体が認定している資格と実績のない団体が認定している資格であれば、間違いなく前者のほうが資格としての説得力があります。逆にいえば、きちんとしたところで認定を受けている資格であれば、持っていて確実に活かすチャンスというものが生まれてくるのです。

 

メンタルケア心理士の資格においては、よく「トリプル認定である」ということが取り上げられる傾向にあります。これはメンタルケア心理士という資格における特徴であり、魅力でもあります。というのも、メンタルケア心理士の資格というのは3つの団体から認定を受けているのです。もちろん、先でもお話ししましたようにどのような団体から認定を受けているのかという部分が重要になってきます。メンタルケア心理士の資格に関しては、その点で心配は必要ありません。

 

というのも、メンタルケア心理士の資格は日本学術会議強力学術研究団体 メンタルケア学術学会、一般財団法人 生涯学習開発財団、一般財団法人 ヘルスケア産業推進財団という3つの団体から認定を受けているのです。それぞれが歴史ある団体であり、実績もある団体です。その3つの団体から認定を受けているということで、メンタルケア心理士の資格は心理系の資格の中でも権威のある資格だと言われているのです。これがメンタルケア心理士の特徴でもあり、魅力にもなっているのです。

 

メンタルケア心理士をきっかけに可能性が広がる

 

メンタルケア心理士の資格試験に合格すると、合格通知書が送られてくることになります。このとき合格通知書とは別に、認定証書の発行についての書類や学会関連の書類も一緒に届けられることになります。おそらく学会関連の書類は軽く読み流してしまう方も多いかと思うのですが、この学会というのが非常に重要なポイントになってきますし、メンタルケア心理士の資格の魅力にもつながってきます。

 

学会というのは、先でもお話ししたメンタルケア心理士の資格を認定しているメンタルケア学術学会というものになります。メンタルケア心理士の資格を取得した後で、この学会に入ることによって自分の可能性というものを広げていくことができるのです。というのも、学会に入ることによって、まず人脈を広げることができます。当たり前のことなのですが、こういったことが将来独立開業するときなどに有利に働いてくれるのです。特に、メンタルケア心理士の資格を取得する方というのは将来心理カウンセラーとして活躍することを希望している方が多いものです。将来的なことを考えても、確実にプラスになるでしょう。

 

また、メンタルケア心理士にはさらに上の資格が存在します。メンタルケア心理士の上位資格として知られているのがメンタルケア心理専門士という資格なのですが、メンタルケア心理士の資格を取得することによって、このメンタルケア心理専門士の存在をかなり意識することになるでしょう。これは言ってしまえば、無意識のうちに向上心が芽生えているということです。

 

メンタルケア心理専門士の資格取得まで行くと、メンタルケア心理士以上の知識とスキルでより将来活躍できる可能性が高まります。心理カウンセラーになる気はなかったという方でも、メンタルケア心理士の資格取得をきっかけに心理カウンセラーとして活躍することへの意欲がわいてくるかもしれません。このようにメンタルケア心理士の資格というのは、いろいろな形で向上心というものを刺激してくれますし、それによって自分の可能性が広がっていくのです。

 

メンタルケア心理士の資格には将来性がある

 

ストレス社会と呼ばれるようになって久しいですが、本当に今の時代というのはストレスにまみれています。学校では同級生や後輩、先輩、先生との人間関係に悩まされ、社会に出れば同僚や上司、後輩、取引先との人間関係ややりとりに悩まされます。専業主婦や専業主夫になれば安心と思っても、今度は子どものことやご近所さんとの人間関係、義実家とのやりとり・・・と悩みは尽きないものです。人は生きて誰かと関わる以上、そこに何かしらの悩みを抱えることになるのです。

 

こういった悩みを抱えたとしても、自分ひとりでどうにか対処できるという方もいるでしょう。自分なりのコミュニケーション方法を見つけ出し、ストレスをうまく解消していくことによって、心身ともに健康でいられる方も実際にいるものです。しかしながら、それをできる方というのは限られていますし、むしろできない方のほうが圧倒的に多いのです。だからこそ、今の時代は心に問題を抱えてしまう方が多くなっているのです。

 

おそらく海外の方であれば、「カウンセリングを受ければいいじゃないの」と当たり前のように言うことでしょう。実際に、洋画などを見ていても心に問題を抱えている方というのは精神科や心療内科に積極的に通っているものです。しかしながら、日本人というのは心の問題で精神科や心療内科に通うことにまだまだ抵抗を感じているのです。本来であれば精神科や心療内科に通うべき方が通わずに、状態を悪化させてしまうという状態になっているのです。

 

そこで注目されているのが民間の心理カウンセラーです。精神科や心療内科などの医療機関ではないあくまでも民間の心理カウンセリングというものが、今注目されるようになっていますし、求められるようになっているのです。実際に、「精神科や心療内科には抵抗があるけど、民間の心理カウンセリングなら・・・」という方は多いものです。確かに、精神科や心療内科に通うとなるとそれだけで病気だと認定されそうでこわいという部分はあるでしょうし、民間の心理カウンセリングであればそういったことはないでしょう。

 

今、心に問題を抱えている方というのは多くなっていますし、そういった方に対してはやはり支援が必要です。そこで民間の心理カウンセラーというものが注目を浴びているのです。もちろん、民間の心理カウンセラーだからといって人が殺到するほどではありませんが、心理カウンセリングの必要性というのは徐々に世の中に認知されるようになっています。

 

要は、心理カウンセラーが求められているのですが、現時点で「心理カウンセラー」という名前の資格は存在しません。心理系の資格を取得した方が心理カウンセラーと名乗っている状態です。しかも、その心理系の資格の中には本当にいろいろなものがあります。中には、よくわからないような資格を掲げて心理カウンセラーだと名乗っている方もいるかもしれません。

 

しかしながら、メンタルケア心理士の資格を持っている心理カウンセラーであれば、今後人材として求められるようになるでしょう。というのも、心理カウンセラーになるならメンタルケア心理士の資格を取っておくべきだという話があるのです。言ってしまえば、メンタルケア心理士の資格は心理カウンセラーとしての質を見極めるひとつの目安になっているわけです。メンタルケアの業界においてはその人材育成が急務だと言われています。そういった中で、メンタルケア心理士の資格というのは確実に活きてきますし、このような時代だからこそ今後メンタルケア心理士の資格を持っている心理カウンセラーの活躍の場が増えてくると考えられるのではないでしょうか。

↓↓↓メンタルケア心理士の資格が取れるヒューマンアカデミーの通信講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑